Introduction 学校紹介

育理念・校長挨拶 校長室から 学校紹介 施設・設備 所在地・アクセスマップ

教育理念

建学精神

吾道一貫

 「吾道一貫」は、孔子の「吾道一以貫之」と言う言葉に由来する。
 「吾道一以貫之」の意味するところは、『人間の正しい在り方とは、人生のいかなる場面においても「仁」即ち「忠恕」の精神を貫くことだ』ということである。
 「仁」とは、現代的な言葉で説明すれば「社会人としての自覚を持って行動すること」であり、これを具体的な行動目標に書き換えれば「忠恕」となる。「忠」とは「自己の社会的責任を誠実に果たすこと」であり、「恕」とは「他者の情状を思いやり許容すること」である。
 この人間として果たすべき社会的責任の第一は、自立した人間として共に生きる仲間達に迷惑をかけないよう自己を律することである。しかし、これだけを果たしても社会的責任をすべて果たしたことにはならない。共に生きる仲間達に何等かの貢献をしてこそ自己の社会的責任を全うしたことになる。即ち、「忠」とは自己を律し各々の立場に応じた社会貢献を行うことである。とは言え、人間は完全な存在ではないので、どんな人間にも充分に社会的責任を果たせない場合がある。もし、それが自己であるなら厳しく反省し改善を期するべきである。しかし、それが他者であるならば、何等かの仕方のない事情があったのではないかと思いやり、不備を責めることなく仲間として共に改善の方途を探すべきである。これが「恕」の精神である。
 学校法人明星学園浦和学院高等学校創立の目的は、こうした「忠恕」の精神を貫き社会に貢献する「吾道一貫」の人を育成することにある。

建学精神

校訓

克己 仁愛 共生
克己

 社会生活とは、時間や場所を共有し役割を分担することで成立する。そうした社会生活を成立させるためには「今がどのような時か、此処はどのような場所か、自分はどのような立場か」を判断し、それぞれの時・所・位に相応しい行動をとらねばならない。
 「克己」とは、多くの仲間達と共に生きていくために自己本位な欲望を制御することであり、仲間と共生する社会人として生きるための手段となるものである。

仁愛

 人間は一人では生きていけない。どんなに強い力を持つ人間も、一人で強くなったわけではない。その強さを得るに至るまでには両親を始めとする多くの人達の支えがあったはずである。
 「仁愛」とは、自分が多くの仲間に支えられて成立していることを自覚し、自分も仲間を応援し支える者となろうとする気持ちであり、仲間と共生する社会人であることを目指す動機となるものである。

共生

 厳しい自然の中で生きる動物達は「ただ生きる」だけで精一杯である。社会を形成し協力することで生活を安定させた人間は「よく生きる」ことを目指すようになった。つまり、共に生きる仲間達と手を携えることで、人間は各々の夢や希望を追求することができるようになった。
  しかし、どんなことを達成し、どんなものを所有したとしても、それを是と認め共に喜ぶ仲間がいなければ真の幸福とは言えない。真の幸福とは、単に自己の希望を実現することではなく、自己を「共に生きるに値するかけがえのない存在」と認めてくれる仲間を得ることである。
 「共生」とは、共に生きる仲間を得ることであり、人生の目的である幸福の前提条件であるとともに最上の幸福である。すべての人間が仲間意識を持って「共生」することを希求する。

校訓

教育理念

健康と安全宣言
 学校法人明星学園浦和学院高等学校は、生徒の健康と安全を第一に考えた学校運営と教育活動を行い、生徒各自の想像以上のより良い未来を実現するために、Health & Safe Promotion Schoolとなることを宣言します。

教育の基盤を確立するために重要なHealth & Safe Promotion
 浦和学院高等学校は、人の生命の尊さを教え、生徒一人ひとりの健康と安全を推進するHealth & Safe Promotion Schoolであることを宣言し、学業および将来の社会生活において想像以上のより良い未来を拓くための基盤を確立します。安全対策においては、国際安全校(International Safe School)認定を目指します。

国際教養

 今後、どのような分野であっても社会の一線で生きていく以上、国際化の波から逃れることはできません。「国際教養」とは、そのような社会変化の中を生きていくための「力」や「考え方」を養うことなのです。我々とは違う環境・社会・常識が世界中には大きく広がっています。そのことを理解し、多様な価値観の中で自分の位置を確かめる。そのことがひいては生徒の人格形成にも大きな影響を与えると私たちは考えています。

2年間を通したプログラム学習
 浦和学院では、1学年入学時より一貫したプログラムを組んで国際教養の構築にあたってきました。国際類型のイマージョン教育、特進類型のGTEC対応英語教育はもちろん、進学類型でも毎週火曜7限目にUGAS(浦和学院アカデミックサポート)として「英語の時間」を設定、入学後から英語独特の言い回しなど実力を構築するための学習を行っています。その成果として、1学年の2学期末に語学研修旅行(2泊3日)を国内で実施。ネイティヴ講師と楽しみながら過ごすことで、異文化交流への学習意欲がわいてくるのです。
 2学年では生徒たちの委員会活動にも事前学習推進を目的とした修学旅行委員会が加わり、図書館(ULT)でも事前学習の特集が組まれるなど、学校をあげて生徒の学習に対するバックアップ体制がとられています。そして最後には今までの総仕上げとして修学旅行ヘ参加。ホームステイや自主研修で「異文化」を肌で感じてもらいます。
 また、希望者は夏季休業を利用して、アメリカ・カリフォルニア州への語学研修旅行(クロスカルチャーツアー)に参加することも可能です。

選べる修学旅行
 平成27年度入学生より、修学旅行の行先を選択制と致します。同じ英語圏であろうとも、アメリカ・ヨーロッパ・アジア・オセアニアと様々な地域を自ら選べることになり、より自主的な修学旅行となることでしょう。さらに他地域を選んだ級友からは事前学習、帰国後ともに互いの訪問国の文化や価値観の違いを知ることになり、知的な刺激を受けることになります。

留学生の受け入れ
 本校では常時、留学生受け入れを行っています。スウェーデン、オーストラリア、イタリア、チェコ、中国など地域や母国語を問わず、多くの留学生が他の生徒と同様の学校生活を送っています。本校生徒・留学生ともにクラスメイトとしての友情を通して、互いに習慣や考え方の違いが身につくのです。

ライフスキル教育

 学校生活、卒業後の進路、家庭生活…どのような環境であっても、そこは人がつくる「社会」です。人とどう関わって生きていくのかという「力」が必要となるでしょう。浦和学院では数字として表れる学力以外に、目に見えない「生きていくために必要な力」も重視したいのです。

救急救命による問題解決型教育の実践
 本校では、一人ひとりの生徒が自己を管理して健康に生きる力、将来のあらゆる場面に適応できる力を養うため、健康科学センターを設置しています。たとえば、校内4ヶ所に設置されたAEDをもとに繰り返される様々な状況を想定したシミュレーション(救急救命に関する事前学習、AED救急救命実技講習、上級救急救命講習、救急救命シミュレーション)は、生徒たちが問題解決型の思考方法を身に付けるのに大きな役割を果たしています。

石巻・東松島交流プロジェクト
 東日本大震災発生直後に対策本部を立ち上げ、宮域県石巻市・東松島市を中心とした地域に支援活動を展開してきた本校。小さいながらもきめ細やかな浦学独自の活動は「支援」から「交流」へと発展し、継続しています。震災からの復興が進む中で、石巻市・東松島市と浦学との往来が重なるにつれて、私たちが現地の方々とのかかわりの中で“支援”という意識はだんだんと無くなっていきました。それは、私たちが現地の方々からいただいているものの方がはるかに大きいと感じるようになったからです。例えば、夏休みを利用した交流活動として、本校特進類型生徒による小学校での学習支援活動などを行いました。これらの活動を通して、教職員と生徒たちは実に多くの素晴らしい方々やお話と出逢い、また実際に現地を見る機会を得て、さまざまなことを身体全体で感じることができました。
 その後も、活動場所が激減したサッカー・野球・バスケットボールチームなどの子どもたちを浦学に招き、交流活動を拡大化する一方、石巻交流センターを立ち上げ風化しつつある被災地の現状を首都圏に訴え、防災・減災への対策にも力を入れています。本校では、この交流を通じて、皆が「何を感じ、何を考え、何を行動するか」の精神を実践できるようにしようと言い続けています。「常に前向き、そこに夢と希望がある」という姿努で、石巻・東松島の皆様との交流を今後も推進してまいります。

校長挨拶

夢と希望のある明るく開けた学園へ

校長 小沢友紀雄

「常に前向き 、そこに夢と希望がある明るく聞けた学園」が当校の目指すところです。
時代を先取りした特徴的なカリキュラムは私学ならではの新しい試みを多数盛り込み、入学時の希望よりもっと上のランクへの進学を生徒の個性に合わせて指導し、常に進歩を目指す文武両道の浦学の校風が定着しつつあります。食堂棟、アルト(図書館)、ユージアム(体育館)が次々完成し、浦学ふぁみり〜の絆のシンボルとして新たに誕生したラルク(公園)にはハナミズキとバラの花が美しく咲き誇ります。 さらに「国際教養とライフスキル教育の浦学」を推進するために、 国際寮の建築がスタートしました。「学校楽しいですか? 」 の私の問いかけに、「はい、楽しいです!」と満面の笑みと大きな声を返す生徒たちの明日がとても楽しみな今日この頃です。

医学博士
学校法人明星学園理事長、同学園浦和学院高等学校長、同学園健康科学センター長、同学園MJG心血管研究所長
【略歴】
日本大学医学部卒業(1962年) 国立病院東京医療センター(旧東二)研修医を経て、日本大学医学部第二内科入局。
米国ノースカロライナ大学心臓内科勤務(1980〜1982年)、帰国後日本大学医学部助教授を経て、同医学部内科学教室教授。
2001年同医学部定年退職後、日本大学総合科学研究所教授、医学部客員教授などを歴任。
【資格】
日本循環器学会専門医、日本心臓病学会特別正会員、Fellow of American College of Cardiology(FACC)、Member of New-York Academy of Science、中国新疆医科大学客座教授、上海遠大心胸専門病院特別診療顧問、その他各種学会役員。

ページの先頭へ

想像以上の未来を見てみよう

受験生の皆さんへ

保護者の方へ

在校生の皆さんへ

浦学ムービーはこちら

浦学ふぁみり〜

浦和学院同窓会

キャンパスコミュニティ

個人情報保護への取り組み

災害時の対応

Copyright © 2006 Urawagakuin High School. All right reserved.