menu
明日への取り組み
Challenge
 

姉妹校提携

平成22年7月2日 中華人民共和国 大連市第十六中学

姉妹校提携イベント

調印式終了後は、第1グラウンドにて全体集会(生徒2350名)の予定となっておりましたが、 あいにく集会直前に埼玉県下に雷注意報が発令されたため、場所が室内に変更となり、1年生は体育館で、2・3年生は各自教室でイベントを視聴することとなりました。
式典の最初に来賓の方々の紹介がなされた後、吹奏楽部により両国国歌の演奏が行われ、 中国国家は丁副校長がマイクを持ち3人で斉唱、日本国国家は、コーラス部がマイクを持ち全員で斉唱しました。

中華民国(台湾) 南山高級中学

姉妹校提携イベント

全校生徒が待つ体育館では、姉妹校提携調印の報告とともに、両校の校長挨拶、そして生徒会長の服部龍 (3年 川越私立東中学校出身)が生徒代表の言葉を述べた。また、2名の生徒会副会長から本校ペナントが手渡され、両校交流の始まりに心を躍らせた。

中華民国(台湾) 慧燈高級中学

姉妹校提携イベント

調印式後、 慧燈高級中学の呉校長は「明治維新以降の日本は、高尚な理念により教育を推進してきた。 明治維新を推進した福沢諭吉の言うように、『教育で国のことを考える人を育てるべき。』私たちの理念はまず人を作ることで、 道徳教育に重きを置く。浦和学院の理念は私たちの理念と通じるところがある。」と挨拶した。

Copyright 2006 © Urawagakuin Highschool All rights reserved.

このページの一番上に戻る