校長室から

「国際教養の浦学」「ライフスキル教育の浦学」の推進。

平成27年度も二学期に入りました。新学期早々の執行部会において、以下の二点の方針を伝え、学校活性化に向けて取り組む姿勢を前面に表すよう、教職員に徹底しました。

3類型、10コース。多くの生徒が学ぶ「浦学」に合ったステージ作りに邁進してまいります。


浦学イメージキャラクター募集について

・今夏、アメリカにあるノースカロライナ大学チャペルヒル校(UNC)へ訪問する機会があり、改めて、ロゴマークやイメージキャラクターの大事さを痛感した。チャペルヒルの街中に、UNCにロゴマークがあふれていた。ロゴマークやイメージキャラクターは「ファミリー意識」の強さを増幅する。学校を活性化する。応援、盛り上げる為の必須のアイテムである。浦学のイメージキャラクターについては、将来の浦学の活性化、将来を感じさせる浦学らしいものを考えてもらいたい。いつまでも残ることをイメージして考えてもらいたい。

 国際教養・ライフスキル教育推進、広報・企画局、二つの部局が協力して担当すること。


カンボジアプロジェクトについて

・昨年、カンボジア国会議員であるシンナム先生のファミリーが浦学に来られた際、浦学の生徒、教職員が力を合わせて、シンナムファミリーを「浦学ふぁみり~」として歓迎をした。浦学の校門にてお迎えしてから、お帰りになるまでの浦学のもてなしに、シンナム議員は大変感動されていた。

 生徒の一人から「カンボジアと日本の違いは何ですか」という質問に対し、シンナム議員からは自分の目で見て欲しいと生徒5名をカンボジアに招待していただいた。さらに、このたび「来年は10名を招待する」との話をいただき、我々がどう対応するかが問われている。渡航目的をはっきりさせ、「自然災害の東日本大震災(国内)」「人災のカンボジア」から生徒たちが実質的に学べる交流活動を進めていく必要がある。

国際交流をどう発展させていくか「石巻・東松島交流活動」の前例を参考にプロジェクトを立ち上げ、検討を加速させること。


平成27年9月7日 

校長 小沢 友紀雄

想像以上の未来を見てみよう

受験生の皆さんへ

保護者の方へ

在校生の皆さんへ

浦学ムービーはこちら

浦学ふぁみり?

浦和学院同窓会

キャンパスコミュニティ

個人情報保護への取り組み

災害時の対応

Copyright © 2006 Urawagakuin High School. All right reserved.