NEWS&TOPICS

2015年3月アーカイブ

本日行われました、選抜高校野球準決勝において、
野球部は1対3で北海道代表の東海大学第四高等学校に
敗退いたしました。
多くのご声援をいただき、本日のアルプス席は2千名を
超える大応援団となりました。
また、石巻市・東松島市をはじめとした、日本全国から
多くのご声援をいただき、心から感謝申し上げます。
準決勝戦のトピックスは、「大会特集号」として4月3日
アップさせていただきます。
是非、お楽しみにお待ち下さい。


【準決勝】 31日日曜日第3試合
 浦学 1-3 東海大四(北海道)


皆様にご声援をいただき、野球部は全国ベスト4に進出しました。
尚、広報企画取材班は、明日甲子園から愛知県豊田市に入り、
ハンドボール部の決勝戦を取材、応援致します。
尚、準決勝戦は全校応援となり生徒バス29台1,300名の
大応援団編成となります。

引き続き、「浦学」へのご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

【準々決勝】 29日日曜日第3試合
浦学 5-0 県岐阜商業(岐阜)

⇓クリックしてご覧ください。

【2回戦】 27日金曜日
3月27日、2回戦の大曲工業高校(秋田)との試合が行われた。
グラウンドの選手、スタンドの浦学ファイヤーレッズが一体となり、
逆転勝利し8強入りを果たした。
本日も声援ありがとうございました。引き続き、、応援を宜しくお願い申し上げます。

浦学 5-1 大曲工業(東北/秋田)

⇓クリックしてご覧ください。

【1回戦】
3月23日、初戦の龍谷大平安高校(京都)との試合が行われた。
東京の開花予想とは裏腹に、肌寒い甲子園球場。夜には、仙台で雪がちらついている。
グラウンドの選手、スタンドの浦学ファイヤーレッズが一体となり、
白熱した投手戦を、ワンチャンスでものにした。

浦学 2-0 龍谷大平安(京都)

⇓クリックしてご覧ください。

↓新聞記事

【大会トーナメント】
高校野球ステーション   http://www.baseball-station.com/senbatsu2015/
日本高等学校野球連盟   http://www.jhbf.or.jp/senbatsu/2015/


企画部 h.k


3月24日(火)~30日(月)、愛知県豊田市にて開催しておりました
第38回全国高等学校ハンドボール選抜大会は、「両校優勝」となり、
本校は平成3年以来、24年ぶり2回目の優勝を成し遂げました。
決勝戦前半終了後、中止となる異例の事態となりましたが、
本校ハンドボール部は、準々決勝、準決勝戦を一点差で制し、
全国優勝に相応しい「実力」を随所に見せてくれました。

~頑張る仲間をみんなで応援~、この日の決勝戦には、
甲子園大会の中日を利用して、生徒会、野球部員を中心に80名が
宿泊先の滋賀県から会場に足を運んでくれました。
仲間意識の強い浦和学院高等学校ならではの姿勢です。

皆様、ご声援いただきましてありがとうございました。

【公式発表-時事通信発】
 愛知県豊田市で30日まで行われた全国高校選抜ハンドボールの男子準々決勝の
浦添(沖縄)-法政二(神奈川)戦で公式記録に誤りがあったため、決勝の北陸(福井)
-浦和学院(埼玉)が途中で中止され、両校優勝となったことが分かった。
 28日の試合の公式記録では、浦添が34-33で法政二に勝ったことになっていたが、
法政二が「浦添の得点が1点多い」と抗議して認められた。日本ハンドボール協会は、
再試合を行う時間がないため引き分けとし、その後の結果への影響を考慮し、北陸と浦
和学院両校を優勝とし、法政二も含めた3校を3位とした。

【試合速報】
◆決勝戦   3月30日    11時30分~   豊田スカイホール
   浦学     12    対    13     北陸(福井県)
   前半終了の参考記録
   
   IMG_8193.JPG  IMG_8208.JPG  IMG_8168.JPG

   IMG_8148.JPG  IMG_8214.JPG  IMG_8223.JPG
   

◆準決勝戦    3月29日    
    浦学 27 対    26 県立四日市工業(三重県)

◆準々決勝戦  3月28日
    浦学 30 対    29 県立岩国工業(山口県)
 ⇓トピックスをご覧下さい。

◆3回戦 3月27日 
  浦学 33 対    29    高岡向陵(富山県)

◆2回戦 3月26日 
  浦学 34 対    27 小林秀峰(宮崎県) 

 ⇓トピックスをご覧下さい。

 ⇓動画をご覧下さい


【大会詳細】 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2年ぶり23回目の全国選抜大会出場決定

1月31日(土)より、千葉県千葉市にて
第29回関東高等学校ハンドボール選抜大会が開催されました。
ハンドボール部男子は、準優勝。
惜しくも決勝戦で法政大学第二高校に敗れたものの、
2年ぶり23回目の全国選抜大会への出場が決定しました。
ご声援、ありがとうございました。
引き続きご声援お願い申し上げます。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。
  
  
  
【関東選抜大会 男子1位トーナメント 結果報告】
◆決勝戦 2月1日
  浦学   31 対 33  法政大学第二(神奈川県)  

◆準決勝戦 2月1日 
    浦学   44 対 29  駿台甲府(山梨県)
                  
◆1回戦 1月31日
  浦学  27 対 21  県立藤代紫水(茨城県)

【新聞掲載記事】
↓27.2.2 埼玉新聞9面
 27.2.2 埼玉新聞9面.jpg
↓27.2.1 埼玉新聞7面
 27.2.1 埼玉新聞7面.jpg
 

【関東選抜大会情報】
千葉県ハンドボール協会

            ※掲示板 → 記録速報へ進むと、今大会の速報が確認できます。

【第38回全国高等学校ハンドボール選抜大会】
日程:3月24日(火)~30日(月)
場所:愛知県豊田市 スカイホール豊田

写真協力:石出特派員(事務部)
企画部 A.T


3月21日(土)~27日(金)、福岡県にて
第37回全国選抜高校テニス大会が開催されています。
試合の結果を順次掲載致します。
様のご声援を宜しくお願い申し上げます。

【試合速報】

女子個人戦 全国準優勝!!

◆女子個人
決勝                松田    美咲(1年)1(7―6、3―6、2―6)2         清水    映里    (埼玉・山村学園)
準決勝   松田 美咲(1年)2(6―0、7―6)0  大塚 芽生 (京都・京都外大西)
準々決勝  松田 美咲(1年) 9 - 7 向井マリア (大阪・城南学園)
3回戦    松田 美咲(1年) 8 - 1 城間 安実 (長崎・九州文化文
化)
2回戦    松田 美咲(1年) 8 - 1 鎌田 琴衣 (神奈川・湘南工大附属)
1回戦    松田 美咲(1年) 8 - 6 大石 真珠美(東京・早稲田実業

◆女子団体 ベスト16
  3回戦 浦和学院 2-3 白鵬女子(神奈川) 
  ↓クリックをしてご覧ください。
  2回戦 浦和学院 4-1 鹿児島純心女子(鹿児島)
  ↓クリックをしてご覧ください。

◆男子個人
  予選1回戦 秀  一輝(1年) 0-8 井上 諒風(鹿児島・鳳凰)

◆男子団体
  1回戦 浦和学院 2-3 法政第二(神奈川)

【大会開催日程】
  福岡県:博多の森テニス競技場 (博多の森)
      福岡県営春日公園テニスコート (県営春日公園)
 3月21日(土) 開会式・組合せ抽選会 (博多の森)
 3月22日(日)~26日(木) 団体戦 (博多の森)
 3月24日(火)~27日(金) 個人戦 (博多の森、県営春日公園)

【大会トーナメント
   団体戦  :  組合せ / 結果
    個人戦 : 組合せ ・ 結果 

 ※対戦校は、3月21日(土)の組み合わせ抽選会にて決定します。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
男女アベックで全国選抜大会出場決定

2月2日(月)、第37回全国選抜高校テニス大会(読売新聞社など主催)の
選考委員会が開かれ、テニス部が見事アベックで出場校に選ばれました。
全国選抜大会への出場は、男女ともに通算26回目(男子:2年連続、女子:4年連続)
となります。
皆様のご声援お願い申し上げます。


【新聞掲載記事】
↓27.2.15 読売新聞30面
  27.2.15 読売新聞30面.jpg
↓27.2.3 読売新聞25面
 27.2.3 読売新聞25面.jpg


企画部 A.T




3月21日(土)より第87回選抜高校野球大会が開催されます。
3月13日(金)に決定しました組合せおよび一般応援団ツアー募集の
ご案内となります。
皆様のご声援宜しくお願い申し上げます。

【一般応援団ツアー募集のご案内 
   ※なお、一般応援団ツアーの詳細、申込みにつきましては、
    以下、各社専用申込ホームページをクリックしてご覧ください。

【選抜大会試合速報】 開催場所:阪神甲子園球場
◆1回戦 3月23日(月)  第3試合 14時00~
  浦学  VS  龍谷大平安(京都府)

【大会トーナメント】
高校野球ステーション   http://www.baseball-station.com/senbatsu2015/
日本高等学校野球連盟   http://www.jhbf.or.jp/senbatsu/2015/

鹿妻・子鹿クラブからの応援メッセージ届く!!
石巻交流活動を通じて家族・兄弟のような絆で繋がる鹿妻・子鹿クラブより
個人名入り応援メッセージのストラップが送られました。
心強いお守り。ベンチそしてアルプススタンドに監督・選手・全部員が持参し
甲子園の聖地で東北の熱い想いとともに戦うことを誓いました。
◆3月19日(木)先行して野球部員に手渡されました。
 27.3.17  子鹿クラブ 必勝ストラップ 野球部贈呈 013.JPG 27.3.19 子鹿クラブ必勝ストラップ渡し 010.JPG 27.3.19 子鹿クラブ必勝ストラップ渡し 012.JPG
 ※ベンチ入りメンバーには、甲子園開幕日監督より手渡されます。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
平成27年1月23日、今春3月21日より開幕する
第87回選抜高校野球大会に、関東・東京地区代表として選出されました。
春の選抜は、2年ぶり10回目、甲子園出場は春夏通算22回目となります。
日頃から、本校野球部を応援して下さる皆様方に、出場のご報告と御礼を
させていただきます。

(※以下は、選抜出場決定~組合せ抽選会までの報告となります。)

【2月17日(火) 表敬訪問】
 選抜旗を掲げ各所表敬訪問し、選抜大会での決意を述べました。 
  主将 津田 翔希(和歌山県有田市立文成中学校出身)
 「全国制覇を目標に正々堂々プレーし、優勝旗を持ち帰ってきたい。
   一戦一戦が勝負。頑張りますので応援宜しくお願い致します。」
 副主将 山﨑 滉太(さいたま市立与野南中学校出身)
 「地元さいたま市からのたくさんの愛を感じている。支えて頂いている周囲の
   方々の期待や想いを形にしたい。そして、相手に関係なく自分たちの
  プレーを全力で!!甲子園の地で大暴れし優勝旗を持ち帰ってきたい。」  
@さいたま市役所
 27.2.17 表敬訪問 006.JPG 27.2.17 表敬訪問 034.JPG 27.2.17 表敬訪問 066.JPG 

@さいたま市議会
 27.2.17 表敬訪問 106.JPG  

@埼玉県庁
  埼玉県知事
 27.2.17 表敬訪問 226.JPG 27.2.17 表敬訪問 190.JPG 27.2.17 表敬訪問 196.JPG
   埼玉県議会
  27.2.17 表敬訪問 172.JPG 27.2.17 表敬訪問 160.JPG 
   教育長                         総務部長
 27.2.17 表敬訪問 277.JPG 27.2.17 表敬訪問 263.JPG 27.2.17 表敬訪問 295.JPG
  

【2月14日(土) 選抜旗授与式 @浦和学院高校】
↓動画編 
 (毎日新聞支局長 → 連盟専務理事 → 小沢校長 → 津田主将)

↓画像編
  IMG_3117.JPG

  27.2.14 選抜旗授与式 016.JPG IMG_3115.JPG 27.2.14 選抜旗授与式 024.JPG
↓森監督のコメント
 「出場できることの感謝を忘れずに、大会までの5週間、準備を怠らず
   感動を伝えられるよう頑張ります。そして、何よりもアルプスからの皆様の
   応援が大きな力になるため、応援宜しくお願い致します。」
   と、本番に向けて万全を期すこと、そしてスタンド・ベンチが一体となって
   戦うことを選手とともに力強く誓いました。

↓27.2.15 埼玉新聞(7面)掲載記事
  27.2.15 埼玉新聞7面.jpg

【1月23日(金) 選抜出場決定】
↓クリックをして、ご覧ください。

↓動画編

↓号外が配布されました。
 27.1.23 毎日新聞号外 表面.JPG  27.1.23 毎日新聞号外 裏面.JPG

↓発表翌日(1月24日)の新聞各紙。

写真協力:情報センター、企画部
動画協力:企画部


企画部 A.T


本校の1学年定員は800名です。
おかげさまで、2年連続900名を超えた生徒募集状況となり、
新1年生の入学者が959名と確定致しました。

従いまして、教員採用に伴う募集要項を公開致します。

平成27年度教職員採用試験の3月追加募集集要項を熟読の上、
希望者は、至急エントリーして下さい。
この時期の採用となりますので、試験日等は配慮させていただきます。

【教員】

 募集教科 英語・国語・地歴公民・理科

  
浦和学院高等学校採用委員会

後援会員の皆様へ


この度の甲子園応援につきまして、後援会長より会員の皆様に、重要なご連絡がありますので

次のリンク先へお進みください。

石巻・東松島交流活動 浦学の3.11

本日3月11日は、東日本大震災から4年が経過した特別な日。
我が国の国難とも言える、悲しく辛い出来事の会った日でもある。

本校は毎年、「浦学にしかできない追悼」を行っている。
そこで、浦学の3月11日を紹介したい。

1.14時46分の黙祷に合わせ、石巻交流センターの畠山特任センター長の
  畠山から、特別にメッセージが話された。
  畠山は、震災時には石巻市立北上中学校の校長であり、
  自宅を失いながらも、避難所運営などを精力的に行い、
  震災を現地で経験した一人である。
  定年退職後、単身赴任で浦学へ。本校のボランティア活動の推進、
  「震災を伝え広める活動」も行っている。
  その畠山から、説得力のあるメッセージが流された。
  浦学での仕事はこれが最後。二年の埼玉生活を終え、石巻に戻る。
  どこの誰よりも被災地の状況を広く、濃く聞けた浦学生は幸せである。

     ※動画、クリックをしてご覧ください。

    
  ⇓黙祷する教職員の様子
   27.3.11 14:46黙祷 教務 (9)5.JPGのサムネール画像 27.3.11 14:46黙祷 教務 (7).JPG
   

2.本日、第44回となる生徒一般ボランティアも石巻で行われている。
  こちらは、石巻・東松島担当の車谷が引率し、午前中は東松島での
  海岸清掃、午後は石巻専修大学にて、追悼セレモニーに参加している。
  浦学生・教職員が3月11日に現地を訪問するのは、初である。 
  現地で体験するこの日は、至る所で追悼行事が行われ、
  あの日と同じ、雪が舞う3月11日となり、現地の方々の思いは複雑。
  生徒が参加した「阪神と東日本を結ぶ追悼セレモニー」でも、
  14時46分には、すすり泣きながらの黙祷が捧げられた。 

  ⇓石巻専修大学での様子をご覧ください。
  IMG_6588.JPG IMG_6607.JPG IMG_6638.JPG

  IMG_6641.JPG IMG_6636.JPG IMG_6640.JPG
 

大切なことは、それぞれが「何を感じ、何を考え、どう行動するか」である。
「被災者の方々が可愛そう」だけで、おわらせることなく、
「この教訓をそれぞれの生活に活かす」、まさに本校が掲げる
ライフスキル教育の推進である。

企画部 H.K




  

学校行事 平成26年度 卒業証書授与式

【卒業証書授与式】
3月4日(水)、さいたま市文化センターにて、
「平成26年度 第35期生 卒業証書授与式」
が行われました。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。


【転居の際の住民票の異動の周知について(文科省)】
 卒業生の進路先が実家を離れる場合、住民票は移さずに
当該地に居住するケースが増えています。
 3月9日、学校の監督官庁である文科省より文書にて
周知事項として連絡がありましたので、既に3月4日に卒業
した皆様も、このことについて関心をもち、適切な処置を講じ
るよう、連絡致します。

 ↓クリックしてご覧ください。


企画部 A.T
2月24日(火)~28日(土)、本校の理事・教職員10名が、
中華民国-台湾を訪問し、現地2校と姉妹校提携を締結致しました。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。


企画部 D.K

卒業記念講演会
3月2日(月)、本校体育館にて生徒活動部主催の
「卒業記念講演会」が開催されました。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。

本校の講演会についてのコメントをしてくださいました。
【引用ブログのURL】 
植松 努 先生のブログ ~2015-03-03「800人もの卒業生」より~


同窓会入会式
3月2日(月)、卒業式に先立ち、同窓会入会式及び卒業記念講演会が
本校体育館にて行われました。
第35期卒業生782名の入会が認められ、浦和学院高等学校同窓会は、
総勢28,673名の大規模な組織に成長を遂げています。
片岡会長は、「人間力を育て、根をしっかり持った人になってもらいたい。
苦しいことや一人ではどうにもならないことは、同窓生や先生方など、
浦学ふぁみり~を頼ってもらいたい。」と挨拶しました。

27.3.2 同窓会入会 卒業記念講演 003.JPG 27.3.2 同窓会入会 卒業記念講演 011.JPG 27.3.2 同窓会入会 卒業記念講演 024.JPG
写真左 挨拶する片岡会長
写真中 35期を代表して、常任幹事の委託を受ける2名
写真右 浦和学院高校の体育館と782名の卒業生


企画部 A.T

想像以上の未来を見てみよう

受験生の皆さんへ

保護者の方へ

在校生の皆さんへ

浦学ムービーはこちら

浦学ふぁみり?

浦和学院同窓会

キャンパスコミュニティ

個人情報保護への取り組み

災害時の対応

Copyright © 2006 Urawagakuin High School. All right reserved.