NEWS&TOPICS

2011年9月アーカイブ

本校、健康科学センター養護教諭である粕川浩子先生が国際学会に

出席され、世界中の医師を前に発表、大きな成果をあげました。

高校養護教諭でありながら、このような貴重な体験は、

本校にとっても誇らしいことであります。

詳細をご覧下さい。⇒23.9.29 粕川先生 国際学会へ.pdf

 

企画部

 

9月25日、登米市にある南方翔裕園様主催、NPO共生フォーラム様、

社会福祉法人元気村様が協賛する南三陸町仮設住宅にて

炊き出しボランティアが行われました。

南三陸町は起伏が多い土地柄のため、内陸部にある登米市内に

仮設住宅が作られているそうです。

浦和学院高校では、生徒ボランティア等でお世話になっているつながりから、

今回の支援活動に職員2名を派遣応援させていただきました。

参加した事務部小川三郎、鈴木彩は初めての被災地入りで、現地の過酷な状況に

複雑な思いを募らせています。

大震災・津波のあとに襲った台風15号の影響を目の当たりにして、帰校しました。

現地での活動を本人取材より報告させていただきます。

詳細はクリックしてご覧下さい。 ⇒ 23.9.27 今、浦学にできること.pdf

企画部

 

8月20日・21日に行われた「青少年のための科学の祭典 石巻大会」に訪れた際、

大震災以降、支援を続けている石巻市立鹿妻保育所に立ち寄らせていただきました。

突然の訪問にも、快く対応して下さり園児さんと本校生徒との交流の時間を設けて

いただきました。

そして、数日が経ち......、

とても素敵なお手紙とお写真を送付していただきました。

鹿妻保育所周辺は、住宅が全壊し、商店街は壊滅状態、隣接の小学校は避難所、

保育所には蚊や蠅が異常発生して、厳しい生活環境です。

そのような状況の中で、浦和学院高校にもお気遣いいただける、被災地被災者の方々の

お心遣いに参加した生徒・教職員も感謝の気持ちでいっぱいです。

写真集では、被災地の元気な子供たちと本校生徒の積極的な行動、

それぞれの素敵な笑顔を紹介させていだたきます。

また、本校より小沢校長のコメントも紹介させていただきます。

 ★送付いただいた写真集 ⇒鹿妻保育所 御礼の写真.pdf

 ★小沢友紀雄校長のコメント ⇒小沢校長 写真の御礼.pdf

 

東日本大震災対策本部  企画部

 

 

想像以上の未来を見てみよう

受験生の皆さんへ

保護者の方へ

在校生の皆さんへ

浦学ムービーはこちら

浦学ふぁみり?

浦和学院同窓会

キャンパスコミュニティ

個人情報保護への取り組み

災害時の対応

Copyright © 2006 Urawagakuin High School. All right reserved.