石巻交流

石巻交流活動 第37回活動報告(同窓会)

石巻交流活動 - ついに同窓会も動き出した。

「自分の眼で見て、聞いて、感じて、今後の活動に役立てたい」、
そんな思いの強い同窓会役員が立ち上がった。
過去の一般ボランティアでは、保護者の方や後援会役員の方々も
参加し、同窓会役員も個別には訪問しているものの組織単体としては、
初の活動となり、母校の石巻交流活動を後押しした。

石巻市であれば「浦学は浦学」。在校生であれ、卒業生であれ、
「浦学が来た!!」と喜んでくれる。
石巻交流センターとしても、現地の人たちに「この方々のおかげで、
支援が成り立ちました」と、紹介もでき、さらに交流が深まる。

日本全国、災害が頻発している。
何が起こるか分からない。一人ひとりの防災・減災意識、ボランティア精神が、
人をつなげ、困った時に助け合う。
母校の教えである「克己・仁愛・共生」を社会で実践できる活動である。
1期生(52歳)~22期生(30歳)の年代が異なる9名が参加し、
これからの支援の在り方、交流の深め方をそれぞれに感じ取った活動であった。

「何を感じ、何を考え、どう行動するか」、活動の原点である。

 ↓クリックしてご覧下さい。

 ※尚、第38回石巻交流活動は、8月25日に行われました。
  復興大学・石巻信用金庫との「携帯型心電計促進」等の活動、
  秋以降の関係団体との調整が行われました。
  打合せが主目的のため、レポート報告は除かせていただきます。

企画部 H.K

想像以上の未来を見てみよう

受験生の皆さんへ

保護者の方へ

在校生の皆さんへ

浦学ムービーはこちら

浦学ふぁみり?

浦和学院同窓会

キャンパスコミュニティ

個人情報保護への取り組み

災害時の対応

Copyright © 2006 Urawagakuin High School. All right reserved.