石巻交流

平成29年2月10日(金)、さいたま市民会館浦和にて
埼玉県内の小・中学校安全担当の先生方(今回参加約50名)対象に
埼玉県学校安全研究協議会主催の講演会がありました。

演題:「東日本大震災から学ぶ ~今、私たちにできること~」
講師:車谷裕通 氏 ・ 伊藤せい子 氏

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。


広報・企画局 H.K.

平成28年12月21日~24日まで、

第62回目となる石巻・東松島交流活動が行われました。

メインとなる活動は、石巻復興きずな新聞の配付、

各施設の清掃活動や子どもたちとのスポーツ交流となります。

石巻復興きずな新聞舎の岩元代表は、

住民さんたちも「あの浦和学院の!」と大喜び。

「甲子園応援するから、頑張らいんよ!」と声を掛けて下さいます。

そんな活動のルポが日刊スポーツさんにアップされていましたので、ご紹介します。

http://www.nikkansports.com/.../colu.../yuki/news/1756582_m.html

 

↓詳細は、クリックしてご覧下さい。

 28.12.21~24 第62回交流活動.pdf


 

↓動画、クリックしてご覧下さい。

 28.12.22 東松島市野蒜海岸清掃 東松島市へエール

 29.01.01 東松島市野蒜海岸初日の出 奥松島ピーチ組合提供

 28.12.22 東松島市立牛網保育所 交流活動①

 28.12.22 東松島市立牛網保育所 交流活動②

  28.12.22 東松島市立牛網保育所 交流活動③ 

写真撮影  S.T. S.I. H.K. 奥松島ビーチ組合



広報・企画局 H.K.

9月26日~29日の3泊4日、第61回石巻・東松島交流活動が行われました。
生徒17名、教職員3名、計20名の希望者による一般ボランティア活動です。

進路選択時期を迎え1・2年生主体の「チーム浦学」となりましたが、
参加した2名の3年生の行動が模範的であり、目的意識の高い
生徒の集団となりました。
この活動の醍醐味の一つは、学年・類型・コース・性別が異なっても、
最終日には一つにまとまり目的を達成し、大規模な浦学にあっても
生徒間に、新たな交流が始まります。

今回も4名のリピーター生徒がおりました。
また、中学生時代に浦和学院高校の講演を聞いて参加してくれた生徒もおりました。
是非、生徒たちの感想文をご覧ください。

また、保護者の方々に本活動をご理解いただき、
参加費をご負担いただけることに、厚く御礼し上げます。

↓詳細は、クリックをしてご覧下さい。


広報・企画局 H.K.
ライフスキル教育の一環として定着している
石巻・東松島交流活動が、区切りある60回目を迎えました。
東日本大震災から5年6か月、その月命日にあたる
9月10日~11日の両日、後援会役員9名と学校教職員5名の
14名が現地を訪れました。

多くの方々に伝承し、防災意識を高めることも新たな
活動の一つであると考えます。
生徒のみならず、多くの浦学ふぁみり~の方々に関心を
寄せていただけること、心から感謝申し上げます。

↓クリックしてご覧下さい

広報・企画局 H.K.

8月23日~26日、
石巻・東松島交流活動が行われました。
国際類型のサマースクールは、昨年度より
石巻・東松島市に場所を移し、
「留学先にて日本を発信」をテーマに、
多くの方々の協力のもと、英語で被災地について学びました。
本校の交流活動初となる「16歳の語り部」の著者2名による
元高校生との交流が実現しました。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。
  動 画 →  (L=Lesson)
      ※借用した会場は、仮設ホテルの一室のため中央に柱があります。
       ご了承ください。

     
広報・企画局 A.T.
8月1日~4日、石巻・東松島交流活動が
行われました。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。


広報・企画局 H.K.
7月20日~23日、石巻・東松島交流活動が
行われました。

↓詳細は、クリックをしてご覧ください。
 

広報・企画局 H.K.
4月1日夜~5日朝、4泊5日(車中2泊)の行程で、
56回目となる石巻・東松島交流活動が行われました。
今年度初の交流活動は、長期留学より帰国した
国際類型3年生のスプリングスクールにてスタートしました。



動 画 → 石巻情報交流館
    → 石巻魚市場競り
    → わかめ作業


広報・企画局 H.K.

3月10日夜から3月15日朝の4泊5日の行程で、

55回目となる石巻・東松島交流活動が行われました。

初となる「わかめの作業」などが行われました。

今までと違う活動写真が、ご覧いただけます。


↓クリックしてご覧下さい。

 28.3.10~15 第55回活動.pdf



広報・企画局 H.K.

東日本大震災から5年となります。

この大震災でお亡くなりになった方々に心からご冥福を申し上げ、

現在も避難を余儀なくされ、不自由な生活が続いてる被害に遭われた方々に

心からお見舞いを申し上げます。

本校は、大震災直後から石巻・東松島交流センターを設置し、さまざまな支援、

交流を継続してまいりました。

ライフスキル教育を推進する本校では「何を感じ、何を考え、何を行動するか。」

生徒・教職員が一丸となって活動を展開しています。

本日も、第55班の一般ボランティアが現地を訪問し、「3.11のつどい」の

お手伝いをしております。


◆本日、午後2時46分校内放送にて、国際教養・ライフスキル教育推進担当の

 長岡執行部長より追悼の言葉があり、全員で黙とうを捧げました。

 ↓その模様を動画でご覧下さい。(音声あり)

  長岡執行部長より追悼の言葉

 ↓黙とうの様子

 28.03.11  小林 005.JPG 28.03.11 021.JPG


◆本日、石巻市において「3.11のつどい」に参加し、追悼の意を表しています。

 ↓クリックしてご覧下さい。~石巻市南浜「がんばろう石巻」前~

  IMG_0715.JPG IMG_0717.JPG IMG_0724.JPG

 

 ↓大川小学校、日和山 

  川小学校視察の様子(動画)

  IMG_0712.JPG


◆第54回石巻・東松島交流活動

 3月5日土曜日、小沢校長が4回目となる石巻入り。防災週間に関連し、

 講演依頼があり、震災当初より災害関連死の予知予防に取り組んでいる

 「携帯型心電計について」の講演を、石巻 専修大学にて行いました。

 また、交流のある「鹿妻・子鹿スポ少野球クラブ」を訪問、子どもたちを激励しました。 

 IMG_4668.JPG IMG_4676.JPG

 ↓クリックしてご覧下さい。

  28.3.5 復興大学 小沢友紀雄講演会.pdf


◆2月15日、石巻市蛇田地区の「米の太田屋」さんに、生徒が訪問致しました。

 150㎏のお米をいただいた御礼です。

 

 ↓クリックしてご覧下さい。

  28.2.15 石巻市ー米の太田屋さん.pdf



広報・企画局 H.K.

想像以上の未来を見てみよう

受験生の皆さんへ

保護者の方へ

在校生の皆さんへ

浦学ムービーはこちら

浦学ふぁみり?

浦和学院同窓会

キャンパスコミュニティ

個人情報保護への取り組み

災害時の対応

Copyright © 2006 Urawagakuin High School. All right reserved.